菊花賞(GT)  京都芝3000m 2003年10月26日
予想 馬  名 斤量 騎手 性齢
  ニシノシンフォニー 57 江田照 牡3
  リンカーン 57 横山典 牡3
  サウスポール 57 武 英 牡3
ゼンノロブロイ 57 ペリエ 牡3
  トリリオンカット 57 佐藤哲 牡3
マーブルチーフ 57 池 添 牡3
  ペルフェット 57 吉田稔 牡3
ザッツザプレンティ 57 安藤勝 牡3
  コスモインペリアル 57 武 幸 牡3
  10 サクラプレジデント 57 武 豊 牡3
  11 マイネルダオス 57 武士沢 牡3
  12 シルクチャンピオン 57 牡3
  13 チャクラ 57 後 藤 牡3
  14 テイエムテンライ 57 小 池 牡3
  15 アスクジュビリー 57 四 位 牡3
16 ヴィータローザ 57 蛯 名 牡3
17 ネオユニヴァース 57 デムーロ 牡3
  18 マッキーマックス 57 藤 田 牡3
レース情報
 その他の登録馬アマノブレイブリー、ウインジーニアス、シルクボンバイエ、マイジョーカー

 

レース展開
 先行馬の面子が京都新聞杯組が多く、ペースは京都新聞杯と同じようになり、京都新聞杯のときは、ロングスパートになる展開で前崩れとなったが、サウスポールは、いつもタイム的には速いペースでは逃げていないので、Mペースで進み、3強と言われているネオユニヴァース、ゼンノロブロイ、サクラプレジデントの仕掛けどころで勝負が決まってくる。サクラプレジデントは、前走で完璧な騎乗で負けているだけに武豊騎手が思い切って、最後方からの競馬で最初に仕掛けるかもしれない。仕掛けが遅くなった場合が瞬発力勝負、仕掛けが早くなった場合は、どれだけ長くいい脚を使えるか、つまり本当のスタミナ勝負となる。

  ←B−(DK)M−J−@−C−(NO)(FG)(ALP)(EQ)I−−H   

 

レース予想
 本命はネオユニヴァースとゼンノロブロイでかなり迷ったが、三冠達成の願いをこめてネオユニヴァースにした。どちらにせよ、この2頭の一騎討ちとみている。ネオユニヴァースは、神戸新聞杯後、かなり乗り込まれており、ダービー以上の仕上がり、そして成長を遂げているように見える。神戸新聞杯のときは、まだ緩かったのだろう。前走の馬体重は増減がなかったが、おそらく絞れてくるだろう。2番手にゼンノロブロイ。この馬も神戸新聞杯で夏を越えての成長が伺えられた。そして、ここまで順調に仕上げられ、ここでも実力が発揮できるのではないかと思う。この2頭が夏を越えて成長してきたら、他の馬は、それ以上の成長をしなければならないので、そうなると他の馬は太刀打ちできないのではないか。三連複で配当次第では、この2頭に加えて、ザッツザプレンティヴィータローザマーブルシークが面白いのではないか。
単勝 複勝 枠連 馬連 馬単 三連複 ワイド
P     C−P   C−G−P  
          C−O−P  
          C−E−P  

 

全着順予想&結果
    予想       結果    
馬 名   馬 名 タイム  
T 17 ネオユニヴァース T ザッツザプレンティ 3.04.8  
U ゼンノロブロイ U   リンカーン 3.04.9 3/4
V ザッツザプレンティ V 17 ネオユニヴァース 3.05.0 クビ
W 16 ヴィータローザ W ゼンノロブロイ 3.05.3 2
X マーブルチーフ X   18 マッキーマックス 3.05.4 1/2
Y リンカーン Y   13 チャクラ 3.05.6 1 1/2
Z 10 サクラプレジデント Z 16 ヴィータローザ 3.05.6 クビ
[ ニシノシンフォニー [   トリリオンカット 3.05.7 クビ
\ 14 テイエムテンライ \   10 サクラプレジデント 3.06.0 1 3/4
] 15 アスクジュビリー ]   12 シルクチャンピオン 3.06.3 2
11 12 シルクチャンピオン 11   コスモインペリアル 3.06.4 1/2
12 13 チャクラ 11   15 アスクジュビリー 3.06.4
13 サウスポール 13 マーブルチーフ 3.06.4 クビ
14 18 マッキーマックス 14   ニシノシンフォニー 3.07.0 3 1/2
15 トリリオンカット 15   ペルフェット 3.08.1 7
16 11 マイネルダオス 16   サウスポール 3.08.2 3/4
17 コスモインペリアル 17   11 マイネルダオス 3.08.3 1/2
18 ペルフェット 18   14 テイエムテンライ 3.08.8 3
 サウスポールが逃げず、それを交わしてシルクチャンピオンが逃げたので、Hペースとなった。そのペースの中、ザッツザプレンティは早めに仕掛けていった。3冠を狙うネオユニヴァースも早めに仕掛け交わしにいったが、ザッツザプレンティを交わすことができなかった。それだけでなく、リンカーンにも交わされてしまった。このレースは、ペースが速くなり、長距離適性がものをいう展開となった。