東京スポーツ杯2歳S(GV) 東京芝00m 2003年11月22日
予想 馬  名 斤量 騎手 性齢
  マイネルデュプレ 55 北 村 牡2
  マイネルパナシュ 55 郷 原 牡2
  マイネルポロネーズ 55 小林淳 牡2
ケイアイウンリュー 55 柴田善 牡2
  ボブビースト 55 吉 田 牡2
  レオシャープ 55 江田照 牡2
  エプソムアルテマ 55 村 田 牡2
  タカオファースト 55 勝 浦 牡2
  ビッグファルコン 55 蛯 名 牡2
  10 マイネルオクテット 55 小 野 牡2
11 キョウワスプレンダ 55 佐藤哲 牡2
12 フォーカルポイント 55 横山典 牡2
13 アドマイヤビッグ 55 武 豊 牡2
  14 トミケンウイナー 55 張 田 牡2
  15 ジュレップ 55 ペリエ 牡2
  16 トウショウナイト 55 武士沢 牡2
レース情報
 その他の登録馬スペシャルアタック、セイウンヲツカム、トウカイハッスル、フリーダムホーク、マイネルディマジオ
  馬っshランキング
キョウワスプレンダ 2歳牡馬1600m級4位

 

レース展開
タカオファースト 2戦とも逃げているがいずれもスロー。逃げ馬がこの馬しかいないので、スローペース必至か。このペースなら今回は逃げようと思った馬は逃げることが可能だ。
ボブビースト 他に逃げるとしたらこの馬か。かといってハイペースになるかと言ったら大して変わらないので気にする必要なし。
アドマイヤビッグ 前を見据えていつでも交わせる位置で追走。自分の競馬に徹し、無理なスパートはせず直線勝負。切れる脚の馬に一気に差される恐れあり。
キョウワスプレンダ この馬が逃げればハイペースになるが無謀なことはしない。脚をためて直線一気を狙う。
   ←G(CDI)(BHL)(@AF)(JMNO)(EK)

 

レース予想
アドマイヤビッグ 好位抜け出しで後続馬を寄せ付けずジリジリ突き放していくのではないか。馬体重が510kg台なので、瞬発力のある馬にサッと交わされる可能性はあるが、もし交わされるとしたらキョウワスプレンダぐらいではないか。しかし、4角向いたところで突き放してあれば届かないのではないか。
キョウワスプレンダ 札幌2歳Sでの負け方が気に入らないがこの馬の末脚はここではNo.1だと思う。前走は超スローペースでみんな脚を余した状態で後方にいた馬にとっては何もできない状態だった。今回もそのような形になる恐れがあり、それだけが心配だ。待機するにももう少し前で競馬ができれば展開に左右されることはない。
ケイアイウンリュー 未勝利戦ながら堅実な走りを見せており、前走の1600mでのタイムは速かった。ジリっぽいところがあるので、前々で競馬し、粘り込める力は持っている。
フォーカルポイント スローペースだったとはいえ新馬戦の上がり33.9はいい末脚だ。横山典騎手タイプの馬だけに乗り替わりのl効果もありそうなので、3連複で抑えたい。
単勝 複勝 枠連 馬連 馬単 三連複 ワイド
      J−L L→J C−J−L  
        L→C J−K−L  

 

レース結果
    馬 名 タイム
T 13 アドマイヤビッグ 1.48.9  
U 12 フォーカルポイント 1.48.9 アタマ
V 11 キョウワスプレンダ 1.49.0 クビ
W   15 ジュレップ 1.49.3 2
X   マイネルパナシュ 1.49.3 クビ
 アドマイヤビッグが直線で前が壁になり抜け出すところがなかったが、少し空いたところを強引に抜け出した。それに動じずアドマイヤビッグは末脚を失うことなく伸びてなんとか勝った。審議の対象になり、危なかったがそれでも勝ってしまうところを見ると強い馬ということになるのだろう。フォーカルポイントもよく伸びていい末脚を見せたがわずかに及ばなかった。この馬は距離が伸びて良さそうな馬だ。横山典騎手との相性も良さそうだ。キョウワスプレンダは、現時点での実力ではあれが精一杯なのかと思う。あとは馬体の成長がなければ終わってしまう。